ドライバーの仕事と言っても、色々な種類が存在します。それでは、運転の仕事にはどんな種類があるのでしょうか。そこで、ドライバーの求人の種類について探ることにします。仕事探しの時に、参考にしてはどうでしょうか。

旅客輸送の仕事

ドライバーの仕事には人を目的地へ安全に乗せるものがあり、人々に認知されている業務です。しかし、旅客の輸送と言ってもその形態は多種多様です。そこで、どんなタイプがあるのかを例題を示しながら説明していきます。

送って迎えに行く!送迎の運転業務について

送迎の仕事はワゴン車などの車両を運転し、仕事に従事する人を目的地まで乗せる仕事です。仕事の性質上、早い時間に起床して必要な人員を拾い集めることになります。勤務時間が終わった後の帰宅時も車に乗せて自…

本格的に人を乗せる!バスやタクシーのドライバー

バスのドライバーの仕事は大きなバスに人をたくさん載せて運ぶことです。車体が大きいだけに人を載せるドライバーの仕事の中でも、トップクラスに難しく、それと同時にやりがいがあります。車自体を動かすことは…

代わりに動かす?運転代行の仕事

運転代行の仕事内容や料金の仕組み

運転代行はその名前の通り、依頼者の代わりに車両を運転する仕事です。ここで言う運転代行とは送迎目的の運転手ではなく、依頼者の車両を本人に代わって運転する行為を指します。飲食店で飲酒をした依頼者の車両を運転するケースが多いので仕事は夜間に行うのが普通です。また、運転代行を終えた後は自身が戻る必要があるので、実際に運転代行を行う人と後続の随伴車両を運転する人の二人一組で従事するシステムです。代行運転に従事するにはタクシーの運転と同様に二種免許が必要なため、タクシー会社が代行運転の業務を手掛けるケースも珍しくありません。料金設定は会社ごとに異なりますが、タクシー会社が代行運転を行う場合は通常のタクシー料金に代行運転サービスの利用料金が加算される形です。

運転代行が普及した理由と法律上の制限

運転代行が広く普及したのは道路交通法の改正による飲酒運転の厳罰化が理由です。飲酒運転が発覚した場合、最も軽い罰則でも免許停止の処分が下されます。そのため、少量でも飲酒をした場合は代行運転を頼んだ方が良いという認識が広まったのです。運転代行の仕事について、当初は一切の規制がなかったことから誰でも仕事を始めることが可能でした。しかし、法律の改正に伴って規制が強化されたことにより、現在では白タク行為で摘発された者やヤクザが運転代行の仕事を始めることができなくなっています。また、運転代行の業務を行う際は客の車に運転代行の最中であることを示す標識を付ける必要がある他、随伴車両に依頼者を乗せてはいけないなどの制限が設けられているのです。

貨物輸送について